瑚心すくいの地方創生が生き方を創っていく

高齢化社会と人口減少、地方創生の未来を考えます

訪日客向けツアー ガイド付き、法改正で割安に

訪日外国人(インバウンド)にガイド付きツアーを紹介するサービスが広がっている。2018年の法改正で通訳案内士の資格を持たなくても有料でガイドができるようになった。有資格者に比べ割安な料金でガイドする人が増え、手ごろな価格で楽しめるツアーが増えている。

otomoは、東京都中野区の商店街を巡るツアーも用意する

otomoは、東京都中野区の商店街を巡るツアーも用意する

otomo(オトモ、東京・文京)は1月から訪日客にガイド付きツアーを紹介するサービスを始めた。ガイドが1000~1万円の範囲で自由に時給を設定、参加人数(最大6人)にかかわらず定額なのが特徴だ。埼玉県小川町の町歩きを楽しむ人気ツアー(5時間半)は1万5240円からだ。

開催中のラグビーのワールドカップ(W杯)も追い風となっており、英国、オーストラリアからの予約が多いという。

日本観光通訳協会(東京・千代田)によると通訳案内士の有資格者に依頼すると料金の目安は1時間1万5000~3万円。

訪日客向けツアーのサイト「マジカルトリップ」を運営するライブラ(東京・中央)では、登録ガイド約220人のうち4割が社会人の副業という。鈴木康裕代表は「通訳案内士よりも友達感覚に近いガイド」と話す。複数の居酒屋を回るツアーは3時間で5000~1万円。他にも京都の先斗町の料理店を巡るツアーなどが人気で、月に約2000人が利用する。

ガイドのマッチングサービスを提供するハバーの紀陸武史最高経営責任者(CEO)は「訪日客からは他人とは違う経験をしたいという要望が強まっている」と話す。