瑚心すくいの地方創生が生き方を創っていく

高齢化社会と人口減少、地方創生の未来を考えます

逆境と夢は 人と組織を強くする

九州旅客鉄道 代表取締役会長 唐池恒二(からいけこうじ)

ななつ星」の軌跡/奇跡

 

1987年、国鉄の分割民営化という大改革で誕生したJR九州

発足当時、JR九州は22路線中21路線が赤字。鉄道の売り上げ1069億円に対して、赤字が300億円。上場どころかいつまで持つのかという状態だった。

発足から10数年が経った。もがき、苦しみながらも、JR九州は、夢を見ることを諦めなかった。

結果、2011年には九州新幹線が開業。2016年には東証一部上場を果たした。

 

「事業構想は改革と創造」と唐池氏。

鉄道事業を改革し新規事業に次から次へと挑戦した。

平成元年にはマンションを持ち、平成6年にはホテル事業にも参入。1年に40回勧告を訪れて交渉し航路を開拓し、船舶事業も開始。10年がかりの船員養成にも果敢に挑戦した。

 

夢を見て、その夢をかなえることで成長してきたJR九州。先に上場したJR東日本JR東海JR西日本のように鉄道事業で成長したわけではない。

現在のJR九州は売り上げの6割以上が、外食、不動産、農業、ドラッグストア、海外事業など非鉄道事業で上げている。その分野は多岐にわたり40のグループ会社を有している

 

世界一の豪華寝台列車を作る

唐池氏「JR九州は改革と挑戦を始めましたが、その中に感動を入れました」

 

JR九州を象徴するD&S(デザイン&ストーリー)列車。その頂点にクルーズトレイン「ななつ星㏌九州」がある。

ななつ星」は、2009年に社長に就任した唐池氏が唱えた夢。2年後に新幹線の開通が見えていた当時、次なる夢が必要と考えた。『世界一の豪華寝台列車を作る』という新たな夢を掲げた。

九州7つの県をつなぐ「ななつ星㏌九州」。デラックススィート3泊4日で1人60万円から。九州を4日かけて周遊する、日本初のクルーズトレイン。

 

『世界一の号か寝台列車という命題に、インダストリアルデザイナーの水戸岡鋭治氏が2カ月間考え抜いてデザインしたという、ロイヤルワインレッドの車両。

夜にはバーのオープンするラウンジカーとダイニングカー、そして14のゲストルームが用意されている。

各部屋には総檜造りのシャワールーム、洗面鉢は有田焼の陶芸家、十四代酒井田柿右衛門氏の遺作だ。

九州で日本初の豪華寝台列車を走らせる。しかも世界一の寝台列車を造る。

唐池氏の途方もない夢には、物理的、技術的、経営的課題が当然ながら山積みだった。

 

しかし「最初に夢を見なければ、そこに向かって進むことはあり得ない」と唐池氏。

「夢は、掲げると、そこに向かってみんなの思い思いの力を出してくれます」

 

2013年10月15日、初運行の日には10万人以上の人が沿線から手を振って応援した「ななつ星㏌九州」。その半分は目に涙を浮かべていたという。現在でも、沿線で欠かさず手を振って応援するファンが絶えない。

JR九州の全員が「ななつ星」に夢を見る。

九州中の人が「ななつ星」を応援する。

ななつ星」がこれだけ多くの人に愛される理由は何か。

それは「ななつ星」に夢、想い、手間、水戸岡鋭治氏の、社員の、九州の人の夢、期待が「ななつ星」に充満している。

 

唐池氏はいう。「夢見る力が気を作り出すのです。夢見たくてこのプロジェクトには、多くの人の気で満ち溢れています」

「『ななつ星』の中には込められた機というエネルギーは、感動というエネルギーに変ります。1つの商品を生みだす時の想いと手間が積み重なって、新しい価値を創り出す。それが、感動というエネルギーを生み出すのです。これが、1つの製品・サービスを作るとき、事業を生みだす時に欠かせない要素だと思います」。